2018G1クライマックスの総括

今年も夏が終わった

新日本プロレスのG1クライマックス

新日本ワールドに加入して

全試合観戦

棚橋の優勝で幕を閉じた

今年のG1クライマックス

今年のMVPは石井だね

石井対ケニーオメガの試合は

まじ、凄かった

今年度のベストバウンド

石井は他にも、後藤戦、サナダ戦と

好勝負が多かった

エルガンも面白いよね

ヨシハシに負けたりしてるが

イービル戦、オカダ戦、棚橋戦

面白かった

ケニーオメガも流石だよね

内藤戦、飯伏戦は好勝負だったし

反対にいらないのが

ジェイ、ホワイト

若くて、実力は認めるが

急所攻撃からの決め技で勝つ戦いは

つまらない

もっと酷いのは

ファレとタマ、トンガ

もう、新日追放でいいくらい

乱入の繰り返しで

こんな、反則で勝ったり、負けたりしては

その一勝で優勝が左右されることを

考えると、ほんと辞めてほしい

最後の決勝は飯伏が勝つと思ったが

棚橋強かった

やっぱり、打たれ強く天才だわ

東京ドームは

棚橋対ケニーオメガかな

まあ、人気者どおしで

最近、あまりシングルしてないし

まあ、今年の夏も楽しめた

また、来年

アーリバードにて宇都宮ゴルフ

今回のゴルフはアーリバード

先月、茨城の下館で炎天下のゴルフは地獄で

誰が熱中症になるでしょうゲームみたいな様相で

ってなわけで、8月は朝5時開始のアーリバードに

すごいよね

東北道入口の自分の自宅へ3時集合

神奈川のヒタイプロはAM1時起き

オーガワラなんて

前の日、B’zのライブで午前様のため

寝ないで来たし

自分は22時30分に寝て

AM2時に起きる

いや、寝不足感あるが

アーリバード気持ちいい

人少ないし

ひんやりと涼しい、朝5時は

露でグリーンが濡れ、パター難しいが

炎天下のゴルフより、全然いいね

スコアは

ヒタイプロ 94
オーガワラ 109(自己ベスト更新)
OSG 120

いやー

オーガワラ月1ゴルフで、めきめき上達してる

全てのショットが、全身全霊のフルスイング

たとえ、アプローチでも

よく、あれだけ大振りなのに

ミスショットが少ないのが、不思議

AM10時には、終わり

昼は宇都宮で餃子





帰宅して、まだ15時と

時間が有効的に使える

しかし、17ホールで

自分がチップインバーディを

達成したのは、楽しかった

AKBランクインコンサート



本日、久しぶりに横浜アリーナへ

AKBコンサートに

矢吹奈子推しメン席

仕事休みだったため

午前中、テニススクールで3時間汗を流し

一度、家に戻り昼飯を食べ

16時にモチツキの職場がある六本木に

モチツキを乗せ

新横浜にある横浜アリーナへ

駅ビルの沼津魚河岸で早い夕食を食べ

弟夫婦と合流して
→自分とモチツキはそれぞれ2枚で申込、双方当選したため

いやー

久しぶりのAKBのコンサート

めちゃ楽しかった

バックステージ、通路間際のため

結構、至近距離でメンバー見れたし

撮影タイムでは

矢吹奈子がめちゃくちゃ近くに来てくれたし





いろいろ意見はあると思うが

メンバー1人、1人がいろんな演出のもと、生歌披露したし

帰りには、お見送りサービスがあり

自分は宮脇咲良に行ったんだけど

至近距離で、目を見られて

声をかけてもらい、感動した

来年も、選挙にでて

一位になってもらいたいな

帰りは、モチツキと弟夫婦を車で

おくったため、午前様に

翌日、仕事だけど、まだまだ元気だな

焼肉ジャンボ牛飯で最後の晩餐



本日は焼肉ジャンボで最後の晩餐

4月に唯一2人でご飯に行ける

コマサワさんが辞め

その後に彗星のごとき現れ

毎日のように、散歩、アイスの買い食い

ショッピングに映画にグルメ

共に過ごしていた、仮装彼女も

今月で辞めるため

最後の晩餐は焼肉

まずはタンと野原焼き





野原焼きは焼肉ジャンボの名物で

サーロインを薄くスライスして





すき焼きのように食べる





そして、自分も辞めることに決めた

今年の9月でちょうど10年

友達はみんな辞めってたし

去年、東日本で表彰され

社内紙にインタビューまで受けたし

もう潮時であろう

次の焼肉はハラミとウワミスジてイチボ





イチボは軽く破り

寿司として食べる





大体、10年もこの職場にいて

嫁のひとつも見つけられなった

そう、どんないい腕と竿、エサがあっても

湖に魚がいなけれ、釣れるわけがない

しまった

早めに湖面覗くべきだった

全く、危ないところだった

もう少しで

結婚できないのは

実は自分に問題があるんじゃと

間違った考えが、浮かぶところだった

しめは、予約時に注文した人だけが

食べられる牛めし





これは、本当にうまい

是非、一度食べることをお勧めする

さて、次はどんな職場で

どんな出会いがあるか

楽しみである



二子玉で万引家族の映画

平日の休日

映画に誘われ二子玉へ

埼玉からはるばる神奈川へ

藤が丘のミーチョでランチを食べ





二子玉へ

15時までの間

部屋の掃除をしたら、出てきた

郵便局の窓口での対応が終了した

株主配当が出てきたため

信託銀行巡り

15時から

エグゼクティブシートで予約した

万引家族の映画を見る

カンヌ映画祭の賞を受賞したのを聞いて

期待したが、微妙

もう一度見たいとは思えない

まあ、言いたかったのは絆

血が繋がっていても

虐待してしまう親もいるし

血が繋がってなくても

信頼を寄せ合う他人もいる

まあ、でも終わり方含め微妙かな

映画の後は二子玉でショッピング

スエーデン製の折りたたみ傘を購入

ディナーは高島屋六階にある梅の花

豆乳カニクリームコロッケ





茄子グラタン





牛肉の溶岩焼き





そして汲み上げ湯葉





最後は豆乳でしめる





お金はかかるが

まあ、1人の休日だと

テニススクールぐらいしか

行くところはないため

よしとしよう



投資好調にて豪華ディナー




さてさてさて

今年から始めた投資生活

株、為替、先物取引、仮想通貨

いろいろ試した結論として

素人でも、勝てる可能性が高いのは

F xである為替取引

もちろん、相場はみずものだが

金利発生の前後は上がる傾向にあるため

5時25分に外国通貨を買い

5時55分に売る

ただ、こんな簡単な手法で

たまたま、円安相場で

上手くいっただけかもしれないが

先月30万、今月も20万ブラスのため

美味しい物を食べに、日比谷ミッドタウンへ

今回は中華料理

アミューズは台湾産の筍

12種の前菜の盛り合わせ





蟹肉入りアボカドスープ





エビと野菜のクミン炒め

北京ダッグ





フカヒレの姿煮





和牛ロースの湯引き





肉味噌と野菜のジャージャー麺





デザート盛り合わせ





何から、何まで、めちゃ美味しかった

薬膳中華のため、健康的

やっぱり

お金って

大事なんだとつくづく思う

2人で飲み物込みで

3万したけど

やはり

数字上の勝ち負けだけで

喜んでては意味ないからね

勝った時は楽しまないと



日比谷ミッドタウンのそばがみ



誕生日から3日後

銀座の東京ハンズに付き合ってほしいと言われ

虎ノ門から歩いて銀座へ

途中に日比谷公園を通り

先日オープンした日比谷ミッドタウンによる

このルート

コマサワさんとも来たわ

日比谷ミッドタウン

4階中庭から夜景見てわ







銀座の煉瓦亭

洋食発祥の地で、夕食食べたっけ





今回は日比谷ミッドタウン内にある蕎麦屋

夜はコース料理5000円からとお高い

まあ、翌日は浦安きある石窯ピザに

行く予定もあり、ここの店に

最初に出された、カラスミ蕎麦





めちゃ美味い

追加で、最後にもう一回貰いたいほど

胡麻豆腐、ウニかけ、トマトソース仕立て





カマスとヒラメの寿司





湯引き鱧に





冷やナスと生ハム





そしてかき揚げと





蕎麦





やばい、めちゃ美味い

一度来た店は、そうはなかなか行きたいと思わないけど

ここの店は来月も来たい

酒粕のデザートも最高だった





そして、銀座のハンズに行ったが

店員に聞くだけ聞いて

結局、買わないで帰る姿を見て

心が痛み

自分が東京ハンズで、健康グッズを購入した

誕生日に国産牛ステーキ



今年の誕生日は藤が丘駅近くにある

ステーキハウス

ミーチョでステーキディナー

コマサワさんがいなくなり

どうせ、暇だろうと

最近、よくつるむ女性が誘ってくれた

コース料理で





最初は、食べられる花が混ざったサラダ





そして前菜は筍、ウニ、イクラ、キャビア





スープはカリフラワー





そしてメインのステーキはシャトーブリアン

水沢牛と栃木牛が入手できていたため





半分づつ食べた





個人的には、栃木牛の方が

歯ごたえ、噛んだ時の肉汁が

最高だった

しかし

面白いことに

自分の人生は、なんか必ず

まあ、仲がいいというか

気持ちがあうとか

その時々にブームの女性が現れる

まあ、ありがたいとことですね

今回の女性はコマサワさんより

7歳も上なんで

若干、ついていけないところもあるが笑

しかし、その分

誕生日プレゼントをくれたり

大人な対応がある

会計は全部、自分が支払った

コマサワさんより

大分、年配でも

自分より、20歳下なので

二子玉で名探偵コナンの映画を鑑賞

本日は会社の女性に映画を誘われ

名探偵コナンの映画を観るため

1日空ける

今まで、よくつるんでいた

コマサワさんがいなくなり

その後に現れ、最近、ご飯を付き合ってくれる女性

この前も赤坂にビフテキ丼



を食べに一緒に行った

大の肉好き

ってなわけで

まずは藤が丘駅でランチ

ステーキで有名なミーチョでステーキ丼





ウニやキャビアまでのってる

最後は特製汁をかけて、お茶漬け風に





めちゃ美味い

そして二子玉でコナンの映画までショッピング

キディランドでランチ袋とぬいぐるみを購入





ぬいぐるみは家のトイレに合うかなと





そして、コナンの映画

最初の30分寝てしまい

アムロが活躍する映画だが

黒の組織と赤井が出なかったため

自分としては、もの足りなさが

映画の後はデザートを食べ





また、ショッピング

枕と枕カバー、掛け布団シーツを購入






二子玉はやっぱり、いいね

なんか楽しい街

昔も思ったけど、ここに住みたいね

シーツと枕変えたら





気持ちよく、ぐっすり寝れた

弘法大師ゆかりの金剛峯寺と奥の院



高野山に来たら外せないのが

弘法大師ゆかりの金剛峯寺と奥の院だ

金剛峯寺は高野山一体の総称だが

この本坊だけは、是非訪れたい





外観も荘厳ながら、中の建築妖美

ふすま、密教関係の展示物など

金剛峯寺でも、御記帳をしてもらう





密教は弘法大師、空海が

大学での仏教が、中国の古典の暗記だけに

疑問を感じている時に密教に出会う

現世の利益を追求し、人々を救ってこそ

真の宗教であり、学問

空海は危険を顧みず、唐に20年の留学に

しかし、わずか2年で

当時の密教の最高権威者から

もう教えることはないため

早く、日本に帰って

人々を救いたまえと

無断で早めの帰国

当時の天皇から、若い時に歩き廻り

見つけていた、標高1000mながら

大きな盆地が存在する高野山一体を与えられ

寺院をつくることを許された

奥の院では、弘法大師が死去して

1200年以上経った今でも

毎朝、弟子達が弘法大師様に食事を運んでいる

奥の院は建物含め、写真撮影一切不可のため

写真は撮れなかったが

本当に幻想的で、一度行く価値はある

奥の院への参道の廻りには





高野山に寄進した多くの英雄の墓がある

これは武田信玄





これは伊達政宗





これは一度は高野山を攻め滅ぼそうとしたが

説得され、逆に厚く保護した豊臣秀吉





そして、極楽橋を渡り





今回の旅行は終了

なかなか、いろいろつまった

5日間であった

帰りに、大阪でお好み焼き



高野山大円院の宿坊に宿泊



白浜から高野山へ

リゾート気分は忘れ、

修行の一環として、宿坊に泊まる

大円院は平家物語の登場人物にゆかりがある

滝口入道と横笛の悲しい恋愛物語





平家一門が権勢を誇っていたころ

斉藤滝口時頼は、建礼門院に仕える

横笛の舞に魅せられ、恋に落ちる

ところが、身分の違いから

二人の仲を許しませんでした。

時頼は悩み続け、出家して、滝口入道に

横笛は時頼が恋しくてなりません。会いに行きました。

出家した以上、一度会ってしまうと

忘れられなくなる

面会を断り、女人禁制の高野山大円院にこもりました。





横笛は高野山の麓の天野の里に庵を結び、再会の日を待っていました。

天野の村人に見取られながら、横笛は19歳で死去

滝口入道が、縁側から枝を眺めていると

一羽の鶯が飛んできて、その枝にとまり





鶯は悲しい声で鳴き続けた後、庭の井戸に

落ちて死んでしまう

この鶯は横笛の化身だったと確信した

滝口入道のは拾いあげ

その亡骸を体内におさめる

阿弥陀如来を掘り

これが現在の大円院のご本尊

鶯阿弥陀如来

自由参加だが、朝の5時50分から

朝のお務めが始まり、

住職の有難いお説教の後

すぐそばで、ご本尊様を拝見できる

夕食の精進料理も修行の一環





肉や魚は一切使わないが

工夫を凝らしての、美味しい料理

特に豆腐が最高だった





さすが、霊地である高野山の水を使ってるだけある

白浜温泉 海舟の露天風呂



さて、今旅行一の贅沢

せっかくリゾート地に来たなら

奮発して、いい宿にしようと

今宵は2万以上する

南紀白浜 浜千鳥の湯 海舟に宿泊





海を眺めながらの、温泉は最高





涼しいそよ風に、打ち寄せる波

青い海に、青い空

ぬるめの温度に寝転がると

生きていて、よかったと実感する

早いもの勝ちの家族風呂も3つあり





大浴場からも、眺めはいい





廊下は畳で、素足で歩け





部屋からの眺めは最高!





やっぱり、泊まる場所は

温泉と眺めは重要だよね





夕食は舟盛り懐石で





紀伊半島の海の幸を美味しく頂き





朝食は和か洋で選べる





パン含め、洋食はたいしたことないが

この眺めだけで、満足





この宿はまた来たい宿だね

間違いなく

アドベンチャーワールドin和歌山



苦しい熊野行脚のご褒美に

和歌山、白浜のアドベンチャーワールドへ

上野のパンダはなかなか見れないが





アドベンチャーワールドは常時5匹が見放題





おー





パンダが木に登ってる






超〜かわいい

癒されるね





パンダは中国からのレンタルで

年間、一匹につい一億円と言われている





子供が生まれても、所有権は中国

いいなー

悩みなさそうで





パンダもランチタイムに入ったようなんで






自分もパンダバーガーでランチ






アドベンチャーワールドは巨大な複合施設で

他にも、多くの動物が存在する





凄いよね





言い方悪いけど、こんな辺鄙の地に





こんな、どでかい施設を作り





採算が取れると考えた人は





サファリパークまであるし





しかもサファリパークウォーキングコースで

歩いてまわれる





いや、ほんと、ここは小さい子供と来たら

めちゃ楽しいだろうに





歩いた後は、和歌山ポンチを食べ休憩





アニマルのアトラクションが結構楽しかった





世界的に大人気のペンギンは何匹いるのか




今、中国は値段は構わないから

とにかく、ペンギンを売ってほしいと




言ってるらしい

イルカのアトラクションなどや





白熊に餌やりなども

4500円かかったけど

1人でも楽しめた





動物好きの人と結婚したら

ここは外せない

民宿あづま荘の夕食



本日湯の峰温泉では民宿に宿泊

一泊二食8000円

設備は古く、バスタオルの用意なく

布団引きはセルフサービスだが

24時間の温泉付きで

しかも、料理が美味い

シンプルな味付けだが

とても8000円とは思えない

温泉は姉妹旅館のあづま旅館のも利用できる





公衆浴場のつぼ湯からもすぐだし





朝食を食べ、白浜へ



湯の峰温泉から赤木超えにて熊野大社へ



さて、今日も熊野古道

湯の峰温泉から赤木超えにて熊野大社

大日超えにて熊野大社に戻ってくる

18kmの上級コース

熊野名物めはり寿司を食べ腹ごしらえ





熊野古道を1人歩き始める

赤木超えは、マイナーなのか

人っ子1人いない





トカゲや蛇をたくさん見かけ

なんか、袖を引っ張っられる感覚になり

緊張感がほとばしる

昔の茶屋である、廃屋がある





しかし、暑くて、喉が乾く

ペットボトルのない時代

水をどれくらい持っていたけのか

どう調達したのだろうか





でも、天皇自らも、足を運んでいるんだからね

時たま、景色のいい場所かあり

体と心がリラックスになる





赤木超えにて、ようやく発心門王子到着





ここからは、峠は超えたため

比較的、平坦な道が続く

途中、茶屋で休憩して





ラストスパートで熊野大社到着





旅と健康を祈願して

また、熊野の古道大日超えにて湯峯温泉に

日本一の大鳥居をくぐり





また、きつい坂道

落日がせまり、辺りが暗くなってるため





怪我しないに、急ぎで

そして、湯峯温泉到着

世界遺産、世界一古い公衆浴場の

つぼ湯で疲れを回復させる




疲れたけど、よく頑張った

5日分の旅行の荷物を背負い

ストレッチして

明日からも、歩かないと

勝浦割烹料亭でマグロ尽くしの夕食



本日の宿

南紀勝浦温泉の万清楼で

マグロ尽くしの夕食

勝浦はマグロの漁港で有名で

期待も高まる

梅酒を飲みながら

マグロの造り





マグロのカルパッチョ





マグロのたたき





珍しいマグロの皮なども





マグロのつみれ煮に





こちらは鯛のソテー





アワビのステーキに





マグロすき





すき焼き風に卵で食べる





そしてシメはもずく雑炊





宿は平日なのにほぼ、満員で

みんなが口を揃えて、美味しいと言っている

まあ、自分は築地で働いてた時に

美味しいマグロを食べ過ぎたためか

マグロ自体は、それほど感動はえられない

ただ、タケノコ、アワビなどの

マグロ以外の海産物、味付けなどは立派

まあ、もちろん高い宿ではないため

パーフォマンス的には高い

ちなみに

宿の朝食




大門坂熊野古道と浦島洞窟温泉



紀伊勝浦からバスで大門坂へ

ここから熊野古道、那智大社まで歩く

いや〜

久しぶりに来たが、実に気持ちいい

こんなに、よかったけ





しかし、意外と急な坂で結構疲れる

那智大社は修繕中で社は覆われ

見えない

隣は八咫烏を祀る社がある





そして、那智の滝へ





絶え間なく流れる水を見ながら

マイナスイオンを貰い受け





健康と運気を体内に取り込む

そして、よく歩き、疲れた後は

勝浦にある浦島温泉へ





ここは、船でしか行けない





洞窟温泉は海近くにあり





波しぶきが飛んできて

迫力満点





温泉の質も日本百名湯に選ばれいる

夜行バスと本日歩いた疲れは

温泉にて解消

夜行バスで伊勢神宮へ



さて、今回もいつもの旅行

2020年に差し迫った新婚旅行の下見

いや〜

もう2年になってしまった

総額一千万

100日間をかけて

自分が実際に足を運んで

ここは、日本人なら一度は行きたい

スポット48を巡る企画

やっぱり、日本人の心の故郷

伊勢神宮は外せないよね





夜行バスは早朝に着くため

人が少ないのが、嬉しい

しかし、なんて緑が美しく





空気が美味しい

何百年も生き続けてるだろう巨木が







生い茂り、鳥が鳴いている





心が浄化される

伊勢神宮は神様が食事する外宮と

内宮があり、内宮に入る前には

大きな川に



かかる橋を渡る







そして、いつものように御記帳してもらい

伊勢名物の伊勢うどんを食べ





特急で紀伊勝浦へ




平日2日連続ゴルフ

初めて会社のゴルフコンペに参加した

場所は埼玉の大麻生ゴルフコース

総勢26名参加

部長や課長級クラスが多く参加のため

本マグロや伊勢海老など

順位によっての豪華賞品が多数用意

このようなゴルフコンペは始めてのため

緊張したが、前半61と

自分としてはまあまあだった

後半は崩し、スコアは128

参加者でスコアはビリだったが

ハンディキャップという

ゴルフ特有の複雑難解な計算式があり

ブービー手前の24位

干物セットの賞品をもらった

翌日はオッキーと2人で

佐野にあるエブァンユゴルフコースに

平日だと6千円代で、ゴルフができる

ドライバーが、ほんと、スライスせず

まっすぐ飛ぶようになり

打ち損じが、そこそこない

ただ、ユーティリティの打ち損じが多い

無難にアイアンだけ利用した方が

スコアは伸びそう

課題はアプローチ

目の前にバンカーがあり

それを超えて、ポツリとグリーンに

落とせるような

前半はパット数対決

ランチにオカズが一品追加できる

勝負は敗れたが、今回のゴルフ場は

バイキングのために被害なし

後半はホールごとの勝ち負け勝負

ハンデとして

引き分けの場合は、自分の勝利

1勝4敗4分けで、見事勝利

1000円分のお土産を頂いた

しかし

ドライバーがしっかり飛ぶようになり

ゴルフ楽しいな

はやく、オーシタ君やアセボビッチと

ラウンドを廻ってみたいものだ





秋吉台翡翠の金運パワーで1時間で5万利確



旅先で金運アップの翡翠を購入したおかげか

出雲神社参拝のおかげか

厳島神社参拝のおかげか

旅から帰り、朝4時30分に目覚めると

昨日は資源通貨が大きく下がり

今日、ダウは上がり

資源通貨が下げを戻す

一か月に数度の最大なチャンス到来

USドル、イギリスポンド

オーストラリアドル、ニュージランドドル

の外貨を購入

予想通りの展開で、30分で7万プラスに

その後、結局下がってきて

5万5千プラスで早朝1時間の取引終了





朝の比較的取引の少ない時間帯なんで

1日5千プラスで.本の字なのだが

これは、やはり、金運パワーの

翡翠のおかげか

厳島神社と名物穴子飯と牡蠣



山口から山陽線にて

安芸、広島の国宝 厳島神社に

JRの宮島口からはフェリーで渡る





歴史のある宮島、厳島神社に

ここは戦国時代に有名な奇襲戦

厳島の戦い

毛利4000対陶20000の戦い

厳島を占領して陣を取ってた相手に

悪天候の中、反対側から上陸して

道なき道を進み

裏側から奇襲を仕掛けて大勝利した

厳島神社は推古天皇時代に祠が建てられ





平清盛の加護により

現在のような立派な神社になった





戦国時代は毛利元就も厚く保護し

天皇の使いが来た時に通る橋も建て





まだ、現存してる





宮島で有名な食べ物は穴子と牡蠣

名物の穴子飯と牡蠣フライ





路上で販売してる焼き牡蠣を

食べ帰宅

出雲神社〜山口周遊〜厳島神社

なかなか贅沢な見どころのある旅だった

瑠璃光寺と維新ゆかりの松田屋ホテル



山口に到着

山口はなんといっても

国宝の瑠璃光寺

1430年頃創建

室町時代から戦国時代に栄えた

大内文化を代表する傑作である





そして瑠璃光寺近くの温泉地

日本百名湯にも選ばれた

湯田温泉の松田屋ホテルに宿泊

ここは300年以上の歴史があり

明治維新の志士達がよく集まり





語り合ったという

ホテルの中には資料館まである





禁門の変で都落ちした三条実美も

この宿に泊まり、松を植えている





高杉晋作なども、ここの温泉に浸かったという





広い庭園には鯉やアヒルが悠々と泳いでいる





夕食は長州の海の幸を活かした海鮮懐石





料理長は料理の鉄人対決で

アワビを使った食材で勝利した程の逸材

アワビの刺身





煮アワビにシジミの汁物





アワビのバター焼き





どれも美味しかった

少しお高めだが

明治維新の所縁の地を巡りに

山口に来たなら、この宿は外せない

壇ノ浦の戦いと高杉晋作挙兵

下関散歩

朝飯はつけなかったために

朝6時に起きて、歩いて壇ノ浦戦い跡になる

みもすそ川公園に

その前に唐戸市場で朝食、海鮮丼





下関海峡は潮の流れが早いな





そういえば、ここで長州は戦争仕掛けてたんだよね

攘夷を実行に





そして、今の力では攘夷は無理と悟り

西洋技術を吸収して、富国強兵に励んだ

そして、この場所は平家と源氏が





最後の死闘を繰り広げた壇ノ浦でもある

幼い安徳天皇は

海の中に楽園があると聞かされ

入水自殺

近くにある安徳天皇を祀る赤間神宮は





竜宮城のように作られたいる

そして、そこから歩いて4k m

高杉晋作挙兵の功山寺

鎌倉時代建立の国宝





明治維新の先駆け

日本を大きく変えた行動

まるで、桶狭間の戦いの前の織田信長

わずか84人のクーデター

王政復古先駆けだった長州藩は禁門の変の

権力闘争に敗れ、京から撤退

毛利藩は王政復古、尊王攘夷より

幕府恭順派が権力を握り

危険な人間は容姿なく処刑される

福岡に逃亡していた高杉晋作は





下関に戻り挙兵

賛同者わずか80人程

生きている限り、大きな仕事が出来ると思うなら、いつまででも生きよ。死ぬほどの価値のある場面と思ったら、いつでも死ぬべし

吉田松陰の言葉を胸に刻んでいたに違いない

長府駅前のカレー屋で





渡り蟹カレーを食べ山口へ

割烹料亭 寿美礼のフグのフルコース





東萩駅から山陽線で下関駅に

なかなか一人では

フグのフルコースを食べさせてくれる

店は少ないため

下関駅から徒歩3分

割烹旅館の寿美礼に宿泊

もちろんフグのフルコース

フグの刺身

一枚、一枚食べるのでは

箸で何枚か重ねて、ポン酢で食べる

最高の贅沢

あっっ





通しのぐじらや生しらす、フグの煮こごりも美味い

そしてフグの唐揚げ





フグのシュウマイ





フグの鍋





こんなにフグが食べられるとは

東京じゃ、考えられない

そして、極めつけはフグの雑炊





フグのだしが染み込んだ

熱々の雑炊は、ほんと、めちゃ美味い





なんか、山口の旅はいいね

流石、日本海と瀬戸内海に挟まれてるだけある

なんか、山口って名前が地味だけど

流石、長州

松下村塾と萩城跡

萩本陣のホテルで朝食を取り





萩散歩の最初はホテル近くにある

吉田松陰神社

この中には有名な松下村塾がある





凄いよね

吉田松陰は

生きるだけで、難しい時代に

家のためでも、藩のためでもなく

日本のためだけを考えていたのだから

そしてその教えが、弟子たちが受け継ぎ

明治維新を起こすのだから

世界の歴史から見ても明治維新は

異例中の異例

藩主が王様の地位を捨てる

特権階級を革命なく返上するなんて

吉田松陰の自分が一番好きな歌

身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留置まし大和魂

そして東光寺




この本堂は17世紀に建立


ここは代々の毛利藩主の墓所

禁門の変での責任に自害、処刑された

志士達の墓もある





幕府の伝令版





幕府からの指令は、ここの板に張り出される

そして萩城跡へ





天守閣は明治維新の際に取り壊され

存在しない

山の上でなく麓に作られた

高杉晋作の生家などの萩旧市街をわまり

がんこ庵の手打ち蕎麦を食べ





下関に向かう

萩本陣温泉展望台からの眺め



秋吉台からバスで1時間

歴女が多く訪れる萩に到着

今宵の宿は萩本陣

東萩駅から徒歩15分程かかるが

展望台からの眺めと

温泉の評価が高いため





温泉は露天風呂や歩き湯、寝湯

サウナなど確かに充実してる

展望台は足湯になり

足湯に浸かりながら、風光明媚の景色が楽しめる

後方にある三角形の山は萩城跡

海と川に囲まれた天然の要害

関ヶ原の合戦で敗れた毛利輝元公の築城

萩まで、攻められたことはなく

実戦では利用されなかった

そう、江戸時代

長州征伐で幕府15万人に四方より

攻められたが

なんと4000人の兵で撃退、圧勝

徳川幕府の威信は低下して

大政奉還を招いたからね

歴史を変えた長州

長州は海に囲まれ、海産物が豊富

萩の夜は旧市街にくりだし

サザエの刺身とウニ定食








東京ではありえない

お手頃価格で食べれる

ウニ丼にすると美味しさ倍増





長門湯本温泉から秋吉洞へ





長門湯本温泉の原田屋旅館で

宿の朝食を食べ





歩いて5分の長門湯本駅に

そこから美祢線に乗り於福駅へ

無人駅でバス停が見当たらず焦ったが

地元のおばちゃんが偶然通りかかり

バス停を渾身丁寧に教えてもらい

感動した

於福駅からはコミニュティバスで40分

料金は200円

秋吉洞はまあまあ





でも1200円は高いかな

もっとも、残念なのが

秋吉台が野焼きしたばかりで






石灰石だけが目立つ状態で

あっっ

そうだ

秋吉洞近くのゴボウうどんは美味しい





ゴボウの揚げに、ゴボウをねりこんだうどん

汁はゴボウのエキスのみ

ゴボウの香りが、食欲をそそり

汁まで、全部飲んだ

長門湯本温泉の原田屋旅館

出雲大社から列車を乗り継ぎ





日本海の美しい景色を眺めながら





山口の萩、秋吉台近くの

長門湯本駅に到着





今宵の宿の長門湯本温泉に

古びた温泉旅館、原田屋旅館に泊まる





早速、温泉に





やばい、夜行バス後の温泉超気持ちいい

流石、日本百名湯の1つ

日本三大美人の湯である龍神温泉に

勝るとも劣らない

聞くところによると

やはり、源泉掛け流しらしい

肌がすべすべになり、体が軽くなり

気分もいい

一万円程の料金で、素朴なサービスで

料理が海鮮中心で美味い





山口の旅

なかなか幸先のいいスタートになる

新宿から夜行バスで出雲大社へ



日本全国を巡る旅

今回は山口

直接山口IN山口OUTより

出雲大社参拝山陰線で山口に

山陽線で広島の厳島神社に参拝しようと

なんと夜行バス14時間で出雲大社に





本当は寝台電車出雲号で行きたかったけど

切符とれず、バスだと9900円で行けるため

思い切って

トイレ急に行きたくなったら、どうしよう

などの不安があったが

6回の休憩があり

よく寝れたかとうかは不明だが

なんか、あっというま

途中のサービスエリアで

大山見れたり、宍道湖見れたり

悪くなかったかも

しかし

出雲大社はやっぱりいいね





一年に一回来たいね

なんか、身体が浄化される





体内からの毒素が消えていく気がする

空気ぐ澄んで、神々しい

御記帳もしてもらい満足





今日はこれから

出雲蕎麦を食べて





秋吉洞近くの長門湯本温泉に

2月の投資結果

結局2月は為替取引のFXがプラス12万位

もう引退したCFDは金で勝ち分
全て吹き飛びプラスマイナス〇

株は酷いことに
利確で一万円ぐらい勝つも

優待券、配当目当ての株は
配当権利日を過ぎると酷いことに

含み損8万





また、配当が近づくと元に戻ってくれるのか

しばらく塩漬け状態

結局、株もリスクが高い

この一か月で出した結論

やはり為替取引が一番安全

大きな利益求めず、月10万で可なら

ってことで

3月は為替取引だけ

しかも取引は大きく変動しない

朝の6時から7時

半身浴しながら

ポジションは翌日に持ち越さない

木曜の朝はスワップ金利3倍のため

7時付近に

売って儲けている人な買って利確

スワップ金利目的で買う人もいるため

上がる傾向にある

それにより、今日は1万以上の利益





«ポンドと金で損失